やにうさぎの雑記帳~140字じゃ語れない~

某呟きSNSには入りきらない思いやなんかを書いています。

梅雨が明けそうですが

気付いたら来週から夏休みだよ。

どうもおはこんばんにちは。らぼうさぎです。

 

筋トレ、やってます。最近は筋タンパク質の合成について色々と調べたりしています。
こういう時に、論文を読む能力が役に立つとは、人生何があるかわからないものです。

さて、近況ですが、本業の会社員生活はある程度成果が出始めています。あとはこれが数字として出てくる段階になるまで待つだけというところ。そこは時間がかかるところだけど、必ずいい結果が出てくるはず。
研究開発というのは、時間が必要な時がある。それを短縮するために金や人といったリソースをぶち込んでいくわけだけど、どちらも大してない時には、待つしかないのだ。
経営的に研究開発というのは「投資効果の少ない」ものということで避けられがちだ。(経営上のリスクを避けるためには研究開発なんて潰してしまうのが一番いい)
だからといって日々の努力の積み重ねだの、プロセスだのを重要視します、などというのでは本末転倒である。大きな成果を出すためには日々の積み重ねなど当たり前のことだ。練習もせずに打席に立って大振りしたってホームランなど打てっこない。内野安打でも相手のエラーでも四死球でもいいからとにかく塁に出ないといかんのだ。

そうやって、かっこいいことを言おうとして空振りしてる上司を尻目に、俺は黙々と上司の望むと予測したポンチ絵を作り、部署員が投げ出した案件の会議をやり、実験をやって結果を解析して、誰も見ないであろうポンチ絵を作ってslackに投げておく。

かっこいいことなんていっても無駄なのだ。数字を、成果を挙げてナンボ。それ以外に俺たちの存在価値を証明してくれるものなどない。その成果がもたらすであろう利益をせっせと経営層に説き、自分たちの仕事がいかに会社の将来にとって重要であり、投資するに値するものなのかを説得し続けなきゃいけない。
それはそれは地味で地道で辛い仕事だろう。華なんて一切ない、多分相手の無理解やら自分の説明のマズさから理不尽な罵詈雑言だって浴びるだろう。利益を産まない上に金食い虫なんだから、とにかくそれでも耐えて耐えて耐えてとにかく自分たちの仕事を説明し続けなきゃいけない。

果たして、それは一体誰の仕事なんだろうか。多分、俺自身なんだと思う。
上司に甘えてはいけないし、遠慮する必要もない。
自分の能力をもってすれば、できないことじゃないはずだ。

どうしても書きたいことがあるんで、愚痴らせてくれ

頼む、ということで、このタイトル。

大して面白くないし、単なる愚痴なので、読まないほうがいいかも。

 

この度、実験室の安全衛生管理を押し付けられたんですが、その中で手始めに始めたのが「試薬管理」です。
え、と思うかもしれませんが、劇毒もまともに管理された状態ではないので、これを手始めにやろうということにしました。
保有試薬をリスト化し、保管位置を適正化し、リストにある試薬に片っ端からIDを振って、受払簿を作る。受払簿もバーコードでピッとやって管理できるようにしたかったんだけど、突貫工事なので、とりあえず古き良き紙帳簿にしました。
これで劇毒も危険物も管理ができるようになったけど、問題は現場がこれを受け入れるか、だ。
今までこんなことをやってこなかったんだから、もちろん、払出量を書け、なんていちいちやりたくねえ、というのが本音だろうし、反発も出るだろう。
劇毒はほぼほぼ使ってないからいいとして、その他の試薬類については、法に触れない程度に払出のタイミングを記録しやすいところに変えた。
学生時代に押し付けられた試薬管理で培った知恵だけども、こんなところで役に立つなんて皮肉なもんだ。

試薬管理ができたら、今度は廃液搬出だ。業者を選定したり、搬出に必要な書類を揃えたり、契約したり、と様々あるけど、ひとつづつやっていきたい。

 

さて、こんなクソみたいな仕事を押し付けてきた張本人(上司)は3年前からこういう自体を見過ごしていたわけだ。曲がりなりにも高専・大学学部と化学系を卒業して、化学メーカーに10年単位で勤めていたとは思えないほどの無知さに呆れ返るばかりだ。
きっと卒業証書や学位記の裏には「なんちゃって」と書いてあるに違いない。
「なんちゃって」なら仕方ない。その程度のやつだろうし。

なお、このクソ仕事を「あなたに民間企業における安全衛生管理を学ばせるため」などという仰々しいお題目を唱えて、さも高尚そうに宣いやがるのが気に入らん。
ただ、てめえがやりたくなくて放置してきた仕事じゃねえか。ふざけるのも大概にしろと怒鳴り散らしたい衝動に駆られている。
何が悲しくて、こんな休日の深夜に受払簿を作って、帳簿の導入意義や関連法規の説明スライドを作っているんだ、俺は。
しかも、これ、無給だぜ? 信じられるか? ホントにバカバカしいったらありゃしない。
こんな性格だから、彼女もできないし、尖切ることもできず、煙たがられて出世もできず、くすぶる一方で終わっていくんだ。
俺の人生は、もう終わっているんだろうなと思う。
仕方ない。もう終わってるんだ。あとは、こうやって、クソみたいなケツ拭き仕事だけを延々と押し付けられて歳を食っていくんだなと思うと、急に涙が出てくる。

毒劇法や消防法をカチ無視ぶっこいたその口で、著作権がどうのとか海賊版ソフトがけしからんとかいうんだから、人間は自分に都合の悪いものは本当に見えてないんだな、と滑稽に思えてくる。

ただ、こういう負の強い感情というのは、仕事のドライビングフォースとしてはすごく優秀なのだ。怒りに任せてマウスを弄り、キーボードを叩くと、瞬く間に資料ができあがっていく。揚げ足をとられまいと、寸分の解釈違いも許さない厳格な表現、一意にしかとられない図表、スライド内の視線誘導の線一本さえも、(自分でも驚くような)短時間で、完璧に仕上げることができる。
それに加えて、何をどこでどう話せば一番効果があるか、がスラスラと頭に浮かんでくる。学生時代に鬱で倒れる前の、頭の冴え方を彷彿とさせる。なにもこんな時に、こんなところで、と思ってしまうが、この怒りこそが、萎縮した脳をいろんなしがらみから解き放つ、今のところ唯一の鍵なんだろう。


道義的・社会的責任という正義の旗印の元で、寸分狂わぬロジックを組み上げて、相手の怠慢を指摘し、逃げ道の一切を遮断して血祭りに上げ、完膚なきまでに叩きのめす・・・こんなことをやれば間違いなく人間関係に禍根を残し、今期の人事考課で報復を食らう、と躊躇してしまうようなことも、正義のためなら、と気狂いのように血眼になってできる。
どうせ何を言ったって、どんなに仕事がうまくいったって、難癖をつけられて人事考課を下げられるんだから、やりたい放題やってやろうと思っている。それでも我慢できなければやめてしまえばいい。

俺は、あの上司とは違う。家のローンも、守るべき家族も、社会的地位も、周囲の期待もない。どうせ独りなのだ。所詮、誰にも選ばれることのなかった、無様な独身限界中年男性だ。

無様でもいい、最期に、自分がこれでよかったんだと笑いながら首を括ることができるような生き方をしたい。

 

大臀筋が痛いんですが、一体どういうことですかね

ということで、ブログです。

 

ジムでの筋トレを再開したわけですが、コロナの中で、どれだけ運動不足になっていたかを思い知りました、というのが今日のタイトル。
コロナで引きこもる前は、1日2回のジム通い(ダブルスプリット)を余裕でこなしていたというのに、今は1時間エアロバイクを漕いだだけで、このザマです。

日曜日は、様子をみて自重トレとHIITでやっていきます。

 

そういえば、来週から、早朝に勉強会をやるとのことで、参加することにしました。
火曜の7時半からです。眠いよ、うん。研究開発戦略と事業化のマネジメントの勉強会です。ついにマネジメントの勉強もしなきゃいけなくなりました。まあそういう歳だから仕方ないね。

 

今日は早めに寝ます。明日になったら少しは痛みが引いててくれないかなあ

6月1週目終わり

どうも、おばんでした。やにうさぎでした。

 

6月も第1週が終わりました。仕事でてんてこまいになっていますが、プライベートでもちょっと心が乱されることがあって、げんなりしていたところです。まあ、そういうのは心の調子がよくない時は避け流のがベターですね。仕事じゃないんだから、わざわざ心を削っちゃうようなことはしなくていいんですよ。

自己の安定の為にいろんなものを切ったり諦めたりしてきたわけですが、交友関係もそのひとつでした。

5年くらい前はすごく仲の良かった人たちとも、去年1年くらいは疎遠になってました。元々友達が多い方でもないし、むしろゼロに近い人間なので、ひとりでもなにも悲しくはないんですが、せっかく手に入れた友人関係から距離をおかなければメンタルが保てない、という状態はあまり健康的ではなかったかもしれません。

肉体改造を始めてから、晩酌をやめました。お酒が好きだった僕にとっては大きな進歩なんですが、いざやめてみると、ひとりでお酒を飲むことがこんなにも悲しいものだったんだなと認識しました。
誰かとお話しながら飲むお酒があんなに美味しかったんだって、気付けたので良かったのですが。

 

某つぶやきSNSではよく「愛されたかった」という僕ですが、それも口癖になっているだけで、本当は自分が愛されるに値する人間でないことも自覚していますし、それに対する諦めもあります。愛情を不誠実で返されたり、大切にされなかったことが大きなキズになって、前へ進むことに対して心が折れてしまったというのもあります。
どうせ、もう愛されないんだ、と予防線を張ることで自分を守っている部分もあります。自己肯定感の欠如は他人からすれば見苦しいものかもしれませんが、「苦言を呈するくらいなら、僕のいいところを教えてくれよ!」と叫びたくなります。こんなんだから友達ができないんだろうなとは思うけど。

 

疲れているのか、こんなことがグルグル頭の中を巡っています。

今日はもう寝よう。。。また明日、、、、

 

 

6月になるね、あるいはセルフコーチングの効用について

またわけのわからない見出しからはじまりました。

どうもおばんでした。やにうさぎです。

今日は6月以降になにしていこっかな、という話とそれにまつわる最近自分が取り入れている「セルフコーチング」についてダラダラと書いていきます。

 

6月になるということで、全国のあちこちでいろんな自粛が解かれつつあります。自粛続きで経済が持たない、というのもあるでしょうし、コロナも一時期よりはだいぶ収まってきたので、この辺りで折り合いをつけておこうか、という感じでしょうか。

当地でも、ジムが再開するということで、僕も以前の「1日ジム2回」生活に戻すことにしました。朝5時に起きてジムに行き、6時過ぎにはジム入りして、【筋トレ1h+有酸素運動0.5h+シャワーと身支度0.5h=2h】で身体を温めて仕事にいき、退勤後にジム直行、【筋トレ1h+有酸素運動1時間=2h】で身体をいじめ抜く、という生活です。
この生活をやってるとガッツリ痩せます。その上、筋肉もある程度つきます。前回これをやったときは、一日の摂取カロリーを600~1000 kcalにしていたので、筋肉まで落ちてしまってそれはそれは凄い勢いで体重が落ちていったのですが、今回は家トレでつけた筋肉を落とすわけにはいきません。筋肉を増量しつつ身体を絞り込む為にも、有酸素運動の時間を少なくしつつ、食事についても一段と気をつけていきたいと思います。多分、この生活をやりながら筋肥大と体脂肪減量を実現しようと思うと、オーバーカロリーは(タンパク質で)100~200 kcalを狙えばいいんじゃないかなと思ってます。
併せて、ファインラボのファイナルバーンの摂取も再開します。70 kgのおデブ体型から脱却するときには、運動0.5~1h前に12錠飲んでました。結果、汗だくで凄いことになったわけですが、今回は体型が変わった状態で、どこまで身体を絞り込めるか、ちょっと試してみたいと思います。
さらには、先週から服用を始めているダイアナボルも併用します。(アボニックステロイドに手を出さなかったのは、ケア剤のコストと副作用にビビったからです)
これでどれだけ変わるのか、、、ひと月くらいは続けて様子を見ることにします。

 

そもそも、なんで1年放置してたデブから脱却してムキムキマッチョになろうなんて考え出したのか、という話なんですが。単純に腹が出てるのが嫌になったからです。座ったときにベルトに腹がのるなんて許せなかったんですよ。
それに、ここで自分の肉体を自分の意思で変えることができれば、焼け野原状態の自己肯定感や自己効力感にプラスになるかな、と思い至ったからなんです。
この1年強でいろんなことを諦めました。出世、恋愛、結婚、昇給、他者からの承認や愛情、、、それでも生きることまでは諦められなかったので、せっかく生きるんだったらもう好き勝手やってやるわい、と開き直りました。難しいこと考えすぎだったんだよね、きっと。好きに生きりゃあいいじゃん、と。

 

なんかいきなり開き直ってプラスに振れてますが、これ、実は、ちょっとしたきっかけがあったんです。
「キャリア研修の一環として、月イチで外部講師のコーチングを受けてみないか」と社長から勧められて、5月から受講し始めたんです。
コーチングとはざっくり言えば、自分で問題を提起して、それに対するアクションを回答して、それに対して予想されることを色々考えて、ケース別に対応をまた考えて、、、という「自問自答」です。コーチはなにしてるの、というと「自問自答」の「壁打ちの壁」をやってくれます。「傾聴と全肯定の姿勢」で僕の自問自答に相槌を打ってくれて、僕がどうしても他者の意見を聞きたいと思う場合には意見をくれたりする(あくまで意見なのでティーチングにならない)という感じ。


「自問自答ならひとりでできるんじゃね?」と思ったあなた、正解です。他人に話しかける形をとりながら自分の中で解決しない課題を客観視できるようにする方法論はパラクラインというそうな。それに対して、自分ひとりで「壁打ち」を完結させられるようになるのがオートクラインというんだとか。
この研修の目的は、①パラクラインによって近々の課題をの解決すること、②パラクラインからオートクラインへ移行することによってひとりで複雑な問題を解決できる能力を身につけること、の2点だと勝手に思っています。(研修の目的なんて誰にも示されていないので、この辺は勝手に考えてやってます)

セルフコーチングの一環として、プライベートのことを考えたとき、自己肯定感が極端に低いという問題に対して、肉体改造という解法を出して実践している、というのが筋トレの正体です。

僕は友達がほとんどいなかった上に、親元も早くに離れてしまったので、相談する相手も話し相手もほとんどおらず、自問自答というのはブツブツとやってたんです。ですが、こうして他人を相手に話すということが覿面に思考整理に役立つんだなと改めて実感しました。それからというものの、お家ではカピバラのぬいぐるみに話しかけてみたり、会社ではジンギスカンのジンくんのぬいぐるみに話しかけてみたりしています。
(絵面としては「中年男性がぬいぐるみに話しかけている」という、この上なく危ないものになるけど、効果はすごくある)
(かつて「聞いてアロエリーナ〜♩」と歌ってたCMがありましたが、あんな感じかも)

 

セルフコーチングをやると「自分でなんとかなること」と「自分だけじゃどうにもならないこと」もはっきりしてくるので、後者は「悩んでもしゃあねえわ」と諦めてみたり「考えてもしゃあないからほっとくか」と思考を切り替えたりできるので、すごく良いです。

興味のある人はググってみてくださいね〜

 

まとまりのつかない長文でしたが、今日はここまで!

また今度!

在宅勤務になると寝られないのはどういうことなんですかね

ということで、ポチポチとブログなんぞ書いてます。

世間的にはコロナもひと段落というところでしょうか。いや、第二波があるから気を抜くな、という話なんですが、「緊急事態宣言終了=フツー通りに生活していいじゃん」という感じなので、なんともアレな感じです。

 

仕事の方といえば、コロナに振り回されつつもなんとかかんとかやってます。案件を抱えすぎているきらいはありますが、もとから部署に人がいないので、それはどうにもならん、という感じですかね。それでもまあやっていけているのでいいんですが。

コロナ禍も落ち着いてきたので、6月の中頃か末くらいには今シーズン初のソロキャンに行ってこようと思います。虫がワラワラ出てきたり梅雨に入る前に一回くらいは行っておきたいしね。それに夏本番になるとウェイ系とか普段キャンプしない家族連れとかがやかましくて静かな時間を確保できないし。

あと、車 (2台目)を買います。ずっと欲しかったんだよね、カングー。6MTが欲しかったんだけど、残念ながら在庫がないとのことなので、6EDCで勘弁しておきました。
ローンも組めたし、お金の算段もついたので、電光石火の早業で購入です。
これで、トゥインゴ+カングーのルノー2台持ちなわけですが、楽しければそれでよし。恋愛も結婚も早々に諦めた甲斐があるというものです(?)

 

ダイエットもといボディメイクの方はというと、63 kg付近を行ったり来たり、、、体脂肪率も20%で停滞してます。チートデイでも作って落とすのもアリですが、結局ある程度の有酸素運動で体脂肪を落とさなきゃいけないので、ジムが再開するまでは絞りきれないかなと。なので、バルクアップに注力することにしました。
(現状でも、腹直筋はしっかり出てきたし、横のラインも見えてきました。腹斜筋もキレイに入ってきてなかなかいい感じですよ。脂肪をもう少し落とせば、夢のシックスパックですね。大胸筋と上腕は相変わらずですが、二頭筋はちょっとだけ肥大してきました。三頭筋は劇弱なので、フレンチプレスでいじめてます。上腕がある程度しっかりしないと、フライやプレスで大胸筋をいじめられないし。三角筋はこれからです。)


PFC比=5:2:3くらいで摂取カロリーを200 kcalくらいオーバー、とにかく筋トレしてます。プロテインも運動後に飲むものについてはウィダーカゼイ+ホエイのやつにしました。朝食のプロテインは相変わらずサバス+低脂肪乳です。
加えて、ダイアナボルを一日3錠、毎食時に飲み始めました。結局ステロイドですよ、えぇ。アボニックステロイドにすれば良かったんでしょうけど、ケア剤の併用を考えると流石に金がかかりすぎるし、副作用にビビり倒してしまったので。。。いや、何も失うものもないし、自分の体で人体実験すりゃあそれはそれで面白いんだろうけどね。
ダイアナボルの効果が出ないようならアボステ使ってみます。ただ、最低3ヶ月は様子見かな、と思います。
ダイアナボルについてはまた別の記事にでもします。ひさしぶりに化学っぽい記事が書けるかなと思うけど、薬学は専門外なので、調べるのに時間かかりそう・・・作用機序とか全然知らんし。ステロイドというとあの骨格しか出てこないし。

 

ということで、明日も在宅勤務です。午前中は会議が2件、午後は木曜の会議の資料修正と来週以降のアフターコロナのリカバリープラン策定で潰れるだろうなあ・・・

給料上げてくれ〜〜〜〜〜

 

会社員の初心者マークは外れたんだけど、このコロナ禍じゃいろんなものが進まないよね

というクソ長いタイトルです。

 

お久しぶりです。やにうさぎでした。

前の投稿から11ヶ月くらい経ってましたね。バタバタもがいていたらあっという間でした。ほんとあっという間なんですよ。

特にここ2カ月くらいはバタバタの度合いがすごいことになっていました。えぇ、コロナのせいです。
最初は「なんか流行病なのかな〜」くらいに構えていたらあっという間に世界中が大騒ぎになって、やれテレワークだ、やれソーシャルディスタンスだ、やれステイホームだ、という世の中になってしまいました。おかげでいろんなものをいろんなところと調整したり謝ったり考えたり指示を出したりで走り回るハメになりまして、テレワークどころじゃなかったのです。

 

プライベートは相も変わらず全く冴えませんし、むしろ色々ありましたがとりあえず生きているので大丈夫です。仕事の方はちょっと色々と面白いことになってきたので、それを上手く育てていけたらきっとすごいことになるのかな、とワクワクできる感じになってきました。よかったよかった。

 

そういえば、ひと月半くらい前からダイエットとボディメイクをはじめました。
約ひと月で体重は6kg減、体脂肪率も6%落ちました。おかげでウエストがすごく細ーくなってしまい、着れる私服がなくなってしまいました。
筋トレのおかげか、貧相だった胸も少しばかりしっかりとしてきました。脂肪が落ちたので、腹直筋が「ここにいるぞ!」と自己主張するようになりました。うん、とてもよろしい。
ムキムキになるつもりは今のところはないんですが、せめて腹筋が割れるくらいまで体脂肪率を落として大胸筋をこういい感じにして薄着でもカッコが付く感じにしたいですね。

ただ、こうして体型を変えられると、自分は自分を変えることができるんだ、と自己肯定感が得られるのでとてもいいです。すごく些細なことなんですよ。第一、僕が痩せたところで喜ぶ人なんていないし、そんなに興味をもって僕を見てる人なんていないんですから。
それでも、毎日自分を鏡で見たり、体重計の数字を記録しているのを眺めていると、自分をコントロールできていることにすごい充実感と自己肯定感で幸せになれます。「俺、結構やれるじゃん」と。

なんていう感じで最近は過ごしています。
6月になったら、世間も少しは落ち着いてくれるといいのですが、、、、